うつ病主夫のヒビ

 うつ病のヒビを書く。うつ病を正しく知り克服するブログ。

うつ病で退職して後悔したこと 『休職せずに勢いで退職してしまった』

私は在職中にうつ病を発症し、その後は更に悪化して退職しました。

 

うつ病が酷く退職するしかありませんでした。

 

休職を勧められましたがいつかまた戻ることを考えるだけで気分が悪くなり、すぐに退職しました。

 

後のことを考えず勢いで退職してしまいました。うつ病が酷かったので上手に考えることができませんでした。

 

その結果、後悔ばかりでした

会社を辞めよう・退職を考えている方は参考にして下さい。

f:id:utusyufu:20180516150058j:plain

 

 退職前

f:id:utusyufu:20180519204329j:plain

・正社員

・当時36歳

・12年間勤務

・大学卒業してから入社して一筋

・小売業

・最終役職:エリアマネージャー

 (名ばかり管理職)

・家族は妻と子ども三人

・退職の二年前からうつ病発症:誤魔化しながら勤務を続けていた

 

仕事でうつ病発症して退職

f:id:utusyufu:20180519204455j:plain

勤めているときにうつ病を発症してしまいました。

 うつ病発症のときの様子は

過去の記事をどうぞ

www.utusyufu.com

 

 心療内科の先生からは

「休職した方がよい」と

いつも言われていましたが

休職なんて想像もつきませんでした。

 

うつ病が少しずつ酷くなっていき、冷静に考えることができなかったのです。

 

休職したいと申し出る勇気もありませんでした。

 

怒られそう、情けない、迷惑をかけてしまうと思っていたからです。

 

うつ病は酷くなる一方だったので

もうこのキツイ状態から抜け出したいという思いだけでした。

 

退職するという選択肢しか思いつきませんでした。

 

退職理由は

・うつ病でもう働けない

・自分をうつ病にした会社が嫌になった

 

という二つを伝えて辞めました。

 

退職後は転職失敗→うつ病入院

f:id:utusyufu:20180519205156j:plain

退職後は約半年間自主的に休養しました。

 

僅かな貯金と少しの失業保険を頂けたので半年休んでうつ病を治してから復活しようと考えていました。

 

半年後・・・

正社員で雇ってもらい出勤するも

わずか3日間でギブアップ。

すぐに辞めました。

 

うつ病がまだ治っていませんでした。

自分では行けると思っていましたが

立っていることも困難なほどでした。

 

それから更に半年後に

再チャレンジ。

契約社員で雇ってもらい出勤するも

またわずか3日間でギブアップ。

またすぐに辞めました。

 

うつ病が治っていないのに、慣れない転職先で上手く働けるはずがありませんでした

 

当時の自分はその事に気づいていませんでした。

 

働く事ができない自分にショックを受け

余計にうつ病が酷くなりうつ病入院をする羽目になりました。

 

振り返ると

最初に勤めていた会社での自分の言動や行動が間違っていました。

 

うつ病退職で後悔した事

f:id:utusyufu:20180519205406j:plain

最初の会社でうつ病で働く事ができなくなり退職。

 

うつ病を発症して2年が過ぎていました。もう限界がきてしまいました。

 

うつ病をきちんと治す事ができていない状態で転職しました。

 

そんな状態では上手くいくはずがありません。

 

退職して後悔したことを挙げます。

 

①仲間に相談せずに退職願

f:id:utusyufu:20180516150058j:plain

うつ病で辛くてもう辞めることしか頭にありませんでした。

 

上司や同僚に相談したとしても、うつ病が治る訳ではないからと自暴自棄になっていました。

 

直属の上司に退職願を突き付けました。

 

上司を驚かせてやろう

 

上司を困らせてやろう

 

会社に仕返ししてやろう

 

同僚や後輩に同情してもらおう

 

なんて考えていました。

 

アホな自分にその時は気づきませんでした。

 

それでもかなり引き留められましたが頑なに断りました。

 

誰にも相談していなかったし

強引だったのですぐに私は会社の中で孤独になりました。

 

強引だった訳はうつ病で苦しんでいるのが悔しかったのです。

 

悔しくてしょうがありませんでした。

 

仲間に相談しても意味がないと思っていました。

 

その結果、孤立し意地になり退職する道しかなくなりました。

 

②文句を言いながら辞めた

f:id:utusyufu:20180518140233j:plain

直属の上司や更に上の上司も来てくれて引き留めてくれました。

 

しかし私はうつ病が酷くなっています。うつ病の原因は会社だ!

 

もう嫌で嫌で仕方がありませんでした。恨んでいました。

 

入社以来の不満を上司にぶちまけて辞めました

 

退職が決まってから出勤終わりの日まで約2か月ありました。

 

その間も

文句を言い続けて

完全に邪魔者になってしまいました。

 

その結果非常に後味の悪い過去となりました。

 

③転職先を決めていなかった

f:id:utusyufu:20180518141951j:plain

後先考えずに辞めてしまったために、再就職するも大失敗しました。

 

10年以上勤めた会社を辞めてから次の会社の面接を受けた結果、全く信用されませんでした。

 

会社を辞めているという事実がこれほど不利なのかと初めて知りました

 

会社を辞めてきているという事実は、私に何らかの原因があるのではないかと思われてしまうのです。

 

辞める前に次の会社の面接を受けていれば、違う結果になっているかもしれません。

 

「今の会社でしっかりと正社員として雇用されている」

 

という事実が相手に伝わります。

 

変な人ではないという事になるのです。

 

退職する前に次の会社の面接を受けていれば

 

「優秀かもしれない・活躍してくれるかもしれない・正社員で雇う価値のある人かもしれない」という前提で接してくれます。

 

また転職先を決めないまま退職をしたので、お金の面で非常に不安でした。

 

お金の心配でうつ病は更に酷くなります

 

④能力があると過信していた

f:id:utusyufu:20180516153110j:plain

会社を辞めてからうつ病療養後に、たくさんの会社の面接を受けました。

 

辞めた会社では一応管理職だったので、他の会社でも評価してもらえるはずという甘い考えでした。

 

前の会社で

 

・受け持っていた売上額

 

・部下の人数

 

・成し遂げた事

 

・得意な事

 

を面接で伝えるのですが・・・

 

面接をして下さる方には何も伝わっていませんでした。

 

自分は前の会社でほどほどに頑張る事ができていたから次の会社でも活躍できるはずだと思い込んでいました。

 

根拠のない自信は世間には全く通じませんでした。

 

狭い会社の中で調子に乗っていただけでした。

 

実力があると勘違いしているうえに

 

退職してしまっています

 

退職してしまっている人がいくら過去をアピールしても、根拠が乏しくフワフワしていて信頼してもらえません。

 

 うつ病退職後のお金

f:id:utusyufu:20180519211317j:plain

うつ病で退職後は

・退職金

・失業保険

でしのぎました。

 

しかし勉強不足で苦労してしまいました。

それは

退職金は数か月後しか入金されない

失業保険は想像よりも少ない

からです。

 

①の退職金は微々たる金額です。勤続年数が短いのでたくさん出ません。

 

②の失業保険はうつ病での退職でしたので、標準よりも少しだけ多く頂くことができました。

 

しかしやはり働いているときよりもかなり少ないです。

 

当てにして生活できる程の金額ではありませんでした

 

勢いで退職してしまい、現実問題としてお金にとても困りました。

 

会社を恨んでいた

f:id:utusyufu:20180516153847j:plain

私が退職して後悔することになった根本原因は会社への恨みでした。

 

会社のせいで

(今となってはそうは思わない)

うつ病になってしまったので会社を恨んでいました。

 

普通に辞めるより精一杯

困らせてやろうと思っていました。

ホントにバカな奴です。

 

私一人辞めるのに会社が困るはずがありません

 

しかし 辞める当時は

 

うつ病で相当に苦しかったのです。

 

毎食後に嘔吐したり

立っていられなかったり

不眠が酷くなり

交通事故を起こしたり・・・

 

うつ病になったのは

100%会社のせいだと思っていました。

 

自分はまともなのに

こんな会社のせいで自分は辛くて苦しい。

 

無駄かもしれないと薄々感じながらも、うつ病なりの最大限の反逆をしようという気持ちでした。

 

自分の気持ちの整理が全くつかない状態だったのです

 

当時の自分は

会社のせいでうつ病になった人が転職先も決めずに辞めていきますよ~っ良いんですか?と少しでもよいからダメージを与えたかったのでしょう。

 

結果は・・・

会社へのダメージはゼロでした。今考えると当然です。

何故そんな辞め方をしたのか、今の自分からすると理解不能なのです

 

退職歴は不審がられる

f:id:utusyufu:20180518141737j:plain

 

30歳半ばという年齢もかなり影響していたと思いますが、退職してからの再就職は基本困難を極めます。

 

まず面接を受けることができません。

応募しても返事がありません。相手にされません。

 

経験と気合があれば相手に伝わるはずだ!と思っていました。

 

しかし全く上手くいきません。

私の年齢で転職となると

厳しいとは知っているつもりでしたが

応募してもほとんど無視され続けました。

 

自分は特別ではありませんでした。

どこにでもいる30歳代でした。

 

相手様から欲しがられるような人材は

退職してからゆっくり応募してくる人では決してないということです

 

私も恥ずかしながら地域正社員の入社面接を度々担当していました。

(初期段階の面接です。最終的に採用決定権がある訳ではありません)

 

やはり退職してきた人には

「何か問題がある方なのか!?」

とどうしても疑いの目で見てしまっていました。

 

うつ病でとても酷い状態の時でも

すぐに退職するという選択は

避けた方が良いです。

 

取り敢えず休む(休職)ことが一番です

 

休職することでうつ病が回復する場合があるからです。

 

あなたは自信過剰ではないですか?

f:id:utusyufu:20180518142632j:plain

 あなたのビジネススキルは本当に世間に通じますか?

 

今の会社内だけのとてもフワフワした特技ではありませんか?

 

今の会社でやった事が他社でも再現できる自信はありますか?

f:id:utusyufu:20180404173149p:plain

(国家資格や有名な公的資格をお持ちの方は別です)

 

慣れた会社を去って

新しい会社で活躍できる根拠は何ですか?

 

すぐに答えることができないのであれば、今の会社が不満でも残った方がよいかもしれません。

 

 

 うつ病の時は考えがまとまりません。

まともな判断ができません。

まずは休職すべきです

取り敢えず休職して下さい

 

どこでも共通して通用するスキル

・看護師

・介護士

・薬剤師

・保育士

 

の方々さえ給料の安さや人間関係で常に悩んでいます。

 

あなたのスキルは次の会社ですぐに生かせるのか考えて下さい。

 

今の会社の狭い世界で大きな顔をしているだけではないかと、よくよく考えて下さい

 

 勢いで退職しない

f:id:utusyufu:20180518141531j:plain

 うつ病はかなり重症化している場合は転職先を探すことさえも困難です。

うつ病が重症な方は

休職しましょう

 

うつ病でもまだ動ける方や

回復できそうな方は

転職先を決めてから退職しましょう

 

退職だけ先にしてしまうと

面接を受ける相手に不信感だけを与えます。

 

退職したという事実は

全くメリットになりません。

 

次を決めずに退職するのはデメリットだけです

(うつ病が重症化している方を除く)

 

 退職して面接にきた人を

面接する人の気持ちを考えてみて下さい。

 

「何で前の会社を退職したのか?性格に問題があるのかな」

 

「もしかしたら前の会社で全く役に立たず、半ば追い出されてきたのではないか」

 

と勘ぐられてしまいます。

 

あなたがよほど破天荒型か

飛び抜けた才能があれば別ですが

 

退職して来た人には

とても慎重になってしまいます。

 

転職できたとしても

前職よりも低賃金でよりきつい仕事になってしまう可能性があります。

 

そこから這い上がるのは至難の業です。

とくにうつ病経験者にはきついです。

 

うつ病はまず休職すること

f:id:utusyufu:20180518144037j:plain

休職は少しお休みするだけです。

 

退職するともう元通りにはなりません。

 

うつ病で働き続けると余計に酷くなります。

 

休職すると

・恥ずかしい

・申し訳ない

・悔しい

 

とお思いになるかもしれません。

 

しかし

退職してしまうと

 

・退職歴が付く

・転職しづらい

です。

 

退職すると後戻りできません。

 

休職すれば立ち止まっている状態にすることができます

 

後ずさりをしていないので再び前に進む事が容易になります

 

休職するには、医師の診断書が必要です。

 

かかりつけの医師に休職したいと伝える事で、診断書を書いてもらえる事があります。

 

定期的に心療内科などの診察を受けていれば、診断書を書いてもらうのは難しくありません。

 

「まだ頑張れる」

「休職するまで酷くない」

と無理をすると

いよいよ働けなくなり

退職をする羽目になってしまいます。

 

うつ病を悔やんでも構いません。

 

うつ病で働けない事を認めたくない気持ちは痛いほど理解できます。

 

休んでも元の職場に戻るなら意味がないと思うのも当然の考えです。

 

でも無理をし過ぎると

とても後悔することになります。

 

とりあえず

『休職』

という選択をすることで

同じ位置で停まっている状態にでき

再出発の可能性を残すことができます

 

気になる点としては

休職となると第一に心配な事は収入が減ります。

 

家族がいる方は休んでいられないとお思いかもしれません。

 

確かに休むと生活費が減り将来が不安になってしまいます。

 

しかしうつ病が更に酷くなり取り返しがつかなくなると、もっと生活が苦しくなります。死活問題になってしまいます。

 

休職→お金の問題が付いてきます

 

アドバイスしてくれた医師や友人知人が生活費を援助してくれる訳ではありません。

 

「簡単に休職しろなんて言うな~」

「生活はどうするんだよ」

と本人は感じます。

 

その通りですが

もっと酷い将来にならないために

今、休むことを選択してほしいのです。

 

まとめ

f:id:utusyufu:20180519211738j:plain

私がうつ病で退職して後悔したことは主に2つです。

 

転職先を決めずに退職したこと

 

休職しなかったこと

 

です。

 

うつ病で働けなくなったら

 

転職前に退職しない

 

休職する

 

ことを最優先して下さい。

 

うつ病は思考を鈍らせます。

判断能力がありません。

 

働き続けることがしんどいので後先考えずに退職してしまうと、復帰が困難になってしまいます。

 

退職した後に転職するための面接を受けると、退職歴が邪魔をして良い職に就けない可能性がかなり大きくなります。

 

またうつ病が治れば

現在勤めている会社で再び活躍できる可能性が高いです。

 

転職して活躍する可能性よりも

今まで頑張ってきた会社で再び活躍できるようになる可能性の方が大いにあります。

 

うつ病が軽くなっても現在の会社がどうしても嫌と感じたら、転職先を決めてから退職して下さい。

 

相談できる医師や家族や友人がいれば、積極的に意見を聞き入れて下さい。

 

あなたを客観的に見ることができるから、判ることがあります。

 

自分では見えていない事が周りの人には見えているかもしれません。