うつびょうのヒビ

うつ病についての記録

うつ病無職のお金の話-うつ病だと税金は減免されるのか?

今日は税金の話。

 

うつ病で無職の我が家はそうでない家庭と比べて税金はどうなっているのかをお話します。

 

働かない男がいる家庭には税金が優遇されるのか?うつ病と税金額には関係があるのか?我が家の場合を紹介します。

 

正社員がいない

我が家は私と妻と子ども三人の五人家族です。

私は無職。妻は非正規労働者。子どもたちは小中学生です。

 

正社員がいません。

 

しかも妻の雇用形態上の理由で、勤め先の社会保険に加入できません。よって税金関係は自営業の方や引退された方と同じです。

 

自分で確定申告をしています。税金は国民年金や国民健康保険になります。

 

うつ病無職の税金

 税金別に書いていきます。

 

市県民税

有難いことに私には市県民税はかかりません。障害年金のみで他に収入がないからです。うつ病無職だからという理由ではありません。収入があるかないかの違いです。

 

妻は市県民税を払っています。

確定申告の数字によって毎年異なります。

 

よって私がうつ病無職だからというのは関係なくそれぞれの収入によって市県民税が課税されます。

 

国民健康保険

これが大きな負担です。

国民健康保険は簡単に言うと、収入額によって支払い額が決まります。

 

ほとんどの皆様は給与から天引きされている事でしょう。雇用主の会社が半分を負担しています。(それでも高いと感じてしまいますよね)

 

国民健康保険は会社が助けてくれないので、加入者で助け合わなくてはなりません。よって個人の負担はすごく驚くほどの金額になります。

 

私と子どもたちは収入がないので高くありません。しかし妻はそれなりの年収でもかなりの国民健康保険料を支払っています。

 

だいたいで示すと家族五人分の一ヶ月の国民健康保険料は妻の手取り給料の約二割弱です。

 

手取り30万としたら

国民健康保険料だけで

月に4万円以上です。

 

うつ病で無職の私がいるからといって減免されることはありません。何度か相談に行きましたが無理でした。完全に収入で計算しているからだと言われました。

 

国民年金

国民年金は毎年少しの変動がありますが、収入によって違いはありません。一律です。平成30年度は一ヶ月16.340円です。

 

一律なのでうつ病だろうが関係ありません。

 

(私よりもっと重い障害の方は免除されます)

 

自営業でバリバリ儲けてウハウハだろうが、病気で働いてなくて収入がなかろうが基本は関係ありません。

 

免除等申請をすれば支払いを待って頂ける場合もあります。

 

しかし基本は支払いをします。

 

黙って無視して支払わないと怖いおじさんが毎週のように自宅訪問に来ます。国民年金の支払いのお願いに来るおじさんたちは国民年金機構から委託されている業者の人たちです。国の人たちではないため、選りすぐりの見た目が怖い人たちが自宅にやってきます。

 

それはそれは粘り強く訪問してきます。

 

心と身体によくないので

おススメできません。

 

児童手当が振り込まれない

 余談ですが児童手当が私の口座に振り込まれなくなりました。

 

以前は児童手当は私の口座に振り込まれていました。しかし約一年前に市役所から一通のハガキが届きました。

 

「あなたは世帯の生計を立てることができなさそうなので、次回からは収入のある奥様の口座に振り込みます」

 

と書いてありました。

 

収入がないあなたに振り込んでも、稼いでいないから使い込むだろ!ということですね。ん~納得するしかないですが、当時はショックを受けました。

 

しかし納得がいかないのは国民健康保険料は私宛にきます。年間数十万円の支払い書が私にきます。

 

頂けるものは妻に変更されて

払うべきものは私にくる・・・

 

仕方ないのでしょうが未だに納得できません。

 

うつ病無職でも関係ない

うつ病で無職でも道路は使います。

うつ病で無職でも子供たちは公立の学校に通っています。

うつ病で無職でも皆さんの税金で成り立っている物や事に助けて貰っています。

 

家族に少なくとも収入があるのであれば「うつ病で無職で収入がないから税金払わない」は無理です。

 

何か優遇してもらえないだろうかと最初は甘い考えを持っていました。(おひとり暮らしで本当にお金がない方は別ですよ)

 

無職でも払うべき税金は意外と多いなと驚きました。うつ病無職でも税金は払わないといけません。家族に収入があれば世帯収入で計算される税金がほとんどです。

 

黙っていないで相談する

 働いていないのに税金を払うのはとてもしんどいです。しかしそれでも私やあなたに税金の請求・催促があるという事は?

 

働いていなくても支払う義務があるという事です。

 

そこでいじけて自暴自棄になってどうでもよくなって税金を無視したりしてはいけません。

 

各機関に相談をして下さい。

 

市役所や国の機関は、無視をすればとても厳しく言ってきます。しかしこちらから相談をすればとても親切にしてくれます。

 

「何で収入がないんだ~!」

「働け~!」

なんて言われません。

 

税金の催促で

自宅を何度も訪問されたり郵便で赤い封書をもらい最終警告をされたりすると、余計に心が疲弊します。

 

お金がないなら無いで各機関に相談しましょう。

 

うつ病で無職だからと言って

税金で優遇されることは全くありません。

 

ただ”収入がない

という事だけです。

所得税や市県民税は

収入がないのでほぼなしですが

年金や健康保険は普通にかかります。

 

各個人の事情や家族状況によっては減免や免除になる場合もあります。ヤケにならないで調べて対処する事が必要です。

 

うつ病を治して

社会復帰して

税金の事をあまり

考えなくて良いように

したいものです。