うつ病主夫のヒビ

 うつ病のヒビを書く。うつ病を正しく知り克服するブログ。

公立中学校入学準備費用はいくら?事前準備で節約する方法

公立中学校に入学する時のおおよそ必要な費用をご紹介します。また費用の準備と就学援助についてご紹介します。事前に準備することで入学準備費用を節約する方法があります。

 

我が子が中学校に入学します。少し前に小学校から金額が記入してある用紙を持って帰ってきて、初めていくらくらいかかるのかを知りました。(我が家の場合です。各中学校によって異なります

f:id:utusyufu:20180202224153j:plain

 

おおよその入学準備費用

制服

f:id:utusyufu:20180202222327j:plain

中学校制服の注文書

長男が進学する公立中学校は制服購入先がひとつしかありません!しかもブレザーです。汎用性のある学ランではないからこの業者から買うしかありません。(有名なデザイナーのデザインらしい・・・どうでも良い・・・というか迷惑・・・)

 

実際に中学校で採寸し注文して個人別に印字されたお金を入れる封筒を持って帰ってきました。

f:id:utusyufu:20180202224730p:plain

た・か・い!高い!高~~~い!

 

 

 

体操服

f:id:utusyufu:20180202222520j:plain

体操服の注文書

体操服も色やデザインを揃える必要があるということで、この業者から買うしかありません。

↑この画像も個人別に印字された請求書です。

冬トレ・タイツとは上下ジャージのことです。夏以外の体育時に着用する指定のものです。半トレと短パンとは体操服のことです。体操服は1着だとどうしても洗濯が間に合わないとの情報とアドバイスで2着ずつ買いました。

 

その他

靴・シューズ

体育館シューズは指定。通学靴は完全指定ではないが、細かくデザインが規定されていて他で探すのは困難で高額ではないためここでお願いしました。

 

¥合計金額¥

 入学準備金で支払った金額は合計税込83.150円です

 

入学準備費用を確保するには

学資保険の一時金

子どもの学資保険に入っていて尚且つ一時金(祝い金)を受け取るタイプの場合、子どもが小学6年生の冬に一時金が戻ってきます。

 

私の場合は20万円戻ってきました。

 

このお金は中学入学にお金が必要だから、毎月学資保険で貯めている分から少し戻しますよというコースです。

 

中学入学の費用が具体的にまだわからない時期にお金が戻ってきます。正直この20万というお金が臨時収入のように感じてしまいました。

 

見事にほとんどを生活費に使ってしまい、20万円はもうどこにもみあたりません。

f:id:utusyufu:20180202215556p:plain

もし学資保険の一時金が戻ってくるタイプに加入している場合は、そのお金は絶対に手を付けないでください

 

就学援助申請

 就学援助金と聞いてどんなイメージを持ちますか?私は今まで「結構な貧困家庭か生活保護の方たちが貰うものなのかな」とイメージしていました。

 

勝手に自分で「当てはまらないな」と決めつけていました。

 

中学入学の準備をしていると息子が就学援助(入学準備金)のプリントを持って帰ってきて何気なく読んでみると、自分にも当てはまるのではと少し引っかかりました。

 

就学援助と聞くととんでもなく収入が低い場合でないと援助してくれないと思いがちです。実際は結構な数のご家庭が対象になります。(対象で条件に当てはまっても必ず援助してもらえる訳ではありません)

 

Google検索で「就学援助 お住まいの市町村」または「入学準備金 お住まいの市町村」と検索してみて下さい。

 

我が家庭は申請の条件に当てはまりました。申請できると気付いてからすぐに市役所に行きました。とても親切に応対してくれましたよ。私が申請しているほんの10分の間にもうお二人がいらして申請されていました。時期が時期なのですが申請する方は少なくないと感じました。

 

この就学援助、自分で気づいて自分で申請しないといけません。申請の条件をクリアしていても何もしなければ援助してもらえる可能性はありません。申請が承認されるかは市役所次第なのでとりあえず申請してみるとよいです。

 

お金が無い無いと嘆くだけでなく、どうにかできないかと調べる事がとても大事です

 

申請基準にあてはまるのに申請していない方が多いのではないかと感じます。ご自身の市民税所得割額を調べてみて下さい

 

この就学援助は入学準備金だけでなく、一年を通して中学校にかかるお金の一部を負担してもらうことができます。給食費や学用品・修学旅行費などです。全額ではありませんが大変助かります。

 

地道に貯金しておく

お金がある程度かかることを事前に知っておいて、貯金しておくと安心です。小学校から事前に案内はありません。当然のように制服等購入の案内がきます。ご家庭で初めての中学校入学だと、金額が載っている用紙をもらってくるだけで唐突で驚きを感じます

 

注意点

入学後にも追加購入が必要

中学入学前に買う制服その他もろもろには、夏服が入っていません。学校水着もです。夏前になったらまた注文です・・・。同時に買わない理由は、少しでも体格に合わせる為だそうです。しかし、夏前ってすぐにきます。軽い覚悟が必要です。

 

成長が速いと・・・

制服購入時は、体の成長を見越して大きめの制服を買います。しかし、見込以上に成長した場合は・・・もう一度購入するかもしれません。その覚悟を軽く持っておいて下さい。

 

部活

入学してすぐに部活に入ると・・・覚悟さえあれば大丈夫です。

 

 事前準備で節約

知り合いなどからなんとなく聞いていたのですが、準備不足でした。小学6年生の3学期に金額が記入された用紙を持って帰ってきます。それ以前にはいくらくらいかかるのか教えてくれません

 

複数業者から選択できる場合

購入先を選ぶことができるのかどうかで事前準備が変わってきます。複数の制服取扱い指定業者から自由にこちらが決めて選ぶことができるのであれば、どこの業者が評判が良いのか・安いのか・対応が良いのかを調べておいて下さい。業者によって多少の違いがあるようです。お友達同士でタックを組んでまとめて申し込みをすると割引やおまけをしてくれるところもあるようです。

 

複数業者さんは買ってほしいので少しの価格競争があります。まとめて買ってもらったら靴はおまけするよ!とか小学校の卒業式の袴を無料レンタルするよ!などもあるようです。上手く立ち回って節約して下さい。

 

業者を選択できない場合

事前におおよその金額を調べて下さい。お友達やご近所の方に何気に尋ねて、備えましょう。必ずそこから買うべきものとそうでないものがあります。

 

その業者から必ず買わなくて済むものがあります

 

例えば制服本体以外の小物。靴や雨具だと色やデザインはおおよその指定しかない場合があります。カッターシャツも指定や名前刺繍不要であれば自分で準備できます。指定業者から買わなくてもよいものを事前に知って下調べをしておくと良いです。Amazonや近くのイオンなどで指定業者よりもかなり安いものが見つかります。

 

ただし少しの節約でみんなと違うものを買い与えると、本人がお友達から指摘をされて嫌な思いをする場合もあります。慎重に選んでください。

 

 まとめ

中学校の入学準備費用は私の長男の場合83.150円(税込)でした。学資保険に入っていれば一時金の有無を確認して下さい。就学援助制度があります。意外と対象になるかもしれません。対象になりそうであれば申請してみてはいかがでしょうか。

 

購入先の指定業者が複数かどうかを下調べしておきましょう。複数の業者の中から選べるようであれば交渉しだいで節約ができます。複数でなく1社しかなければ必ずその業者から買わなくても良いものを知って自分で他で安いものを購入しましょう。