うつ病主夫のヒビ

 うつ病のヒビを書く。うつ病を正しく知り克服するブログ。

パチンコ店に銀行ATMがあるのをご存知ですか!?

普段パチンコに行かない方には驚きの事実です。パチンコ店の店内に普通に銀行ATMがあります。銀行キャッシュカードがあれば、3万円を引き出す事ができます。

 

 

パチンコ店内の銀行ATM

見た事ない方へ

これが今でも設置してあるパチンコ店内のATM

       f:id:utusyufu:20171103203743p:plain

(2018年4月現在)

銀行のキャッシュカードを持っていれば引き出せます。どこの銀行のキャッシュカードでも引き出す事ができます。

 

パチンコで負けても諦めきれない人が追加投資するときの軍資金調達マシーンです。

 

限度額がある

 1日の出金限度額は3万円です。その月の出金限度額は合計8万円です。

 

これはひとつのキャッシュカードでの話です。キャッシュカードを2つ持っていれば、1日6万円・1ヶ月16万円を引き出すことができます。

 

普通のATMよりも多くの手数料が取られます。

 

クレジットのキャッシング機能は利用できません。実際にカードを入れてみましたが拒否されました。

 

結構利用している

 

見ていると結構多くの人が利用しています。並んでいる事もあります。

皆さん手数料のことなんて考えていません。3万円おろして負けている分を取り戻すのに必死です。急いで台に戻っていきます。

 

パチンコ店から一度退店して近くの普通のATMやコンビニATMに行けば良いのではと思いませんか?

そんな余裕はありません。その5分10分の時間がもったいないからです。一秒でも早く負けているお金を取り戻すため、急ぐのです。目の前に現金引き出し機器があれば利用してしまいます。

 

パチンコ店内ATM唯一のメリットは交通事故防止です。

 

負けている最中に店を出て車を運転すると危ないです。負けていて頭に血が上っているので周りが見えておらず、事故を起こしやすい状態になっています。一秒でも早く現金を調達しようと運転が乱暴になりとても危ない思いをします。歩きでもフラフラして危険な歩行をしています。

 

無くならない理由

パチンコ店内のATMで現金をおろす人は減る様子はありません。

 

設置している業者は、手数料で儲けがでるので設置し続けます。法律や規制ができない限り設置され続けることでしょう。

 

設置すべきでないという議論が度々起こっているようですが、まだ設置されています。

 

パチンコしない人からすると変だし違和感があると思います。根本的な解決にはならないけどとりあえず無い方が良いんじゃない?と考えるのが常識的でしょう。

 

パチンコに行かない人たちからすると、とても面白おかしな話でしょう。

f:id:utusyufu:20171104210322p:plain

必死な顔でパチンコ店内のATMでお金をおろす人を目の前にしたら、滑稽に思えるかもしれませんね。

 

あと3万円あれば負けを取り返せる!

f:id:utusyufu:20171104211502p:plain

 と意気込む気持ちが無くならない限り、パチンコ店内ATMも無くならないでしょう。

 

未だに一日に10万使って負ける方もいます。

ATM無くても・・・

パチンコ店内にATMがなくても、負けている台を確保して(昼食休憩ができます)店外に出てコンビニ等でお金をおろしてきます。

 

頭が熱くなり冷静になれないので、ATMでお金をおろして更にギャンブルにつぎ込みます。

 

パチンコ店内ATMがなくてもあってもギャンブル依存対策にはあまり影響がありません。しかし「どうぞここにお金があるからおろしてね」とパチンコ店内にATMが存在する違和感はあります。

 

最初からお金(軍資金)をたくさん持っていけば良いだけの話なので、ギャンブル依存の対策に店内ATMの有無はあまり重大ではありません。

 

ついつい心が緩んだら

ストレスが溜まったら

ウズウズしてしまったら

すぐに行けるすぐにギャンブルできる環境をどうにかしてほしいです。パチンコ店内ATMの有無ではなくて、パチンコやさんの存在そのものを問題にすべきではと感じます。