うつびょうのヒビ

うつ病の過去と現在と未来について

【メガネを賢く買う方法】忙しそうで混みあっているメガネ店では買わない方が良い-視力検査編

f:id:utusyufu:20180808230833j:plain

 

メガネを買うときにメガネ店で視力検査をしてメガネの度数を測ってもらう方へ、メガネを賢く買う方法を紹介します。

 

とても大切なあなたのメガネの度数。そのメガネの度数はどのような状況で測ってもらいましたか?丁寧に検査をしてもらいましたか?

 

メガネの度数の検査はきっちり正確にしてもらいたいものです。

 

もうすぐメガネ店で目の検査をしてもらう予定の方に、アドバイスさせて下さい。メガネの度数の検査はどういう状況で受けた方が良いのかを知り、目に良く合ったメガネを作ってもらいたいと思います。

 

アドバイスの根拠

メガネ店で10年以上店長をしていました。エリアマネージャーをしていたので競合するメガネやさんも知り尽くしていました。

 

すべてのお客様に質の良いサービスの提供を目指していたのですが、どうしてもサービスにバラつきが出てしまっていました。

 

お客様の立場の皆様にメガネ店の内情を知って頂き、良いメガネを作ってもらいたいと思い書いています。

 

忙しい時の店内状況

メガネ店も他の接客業と同様に、お客様が集中して来店される日や時間帯があります。基本は土日がとても来店されます。平日でも時間によって混むときがあります。

 

洋服店やスーパーマーケットが忙しくなると、レジが混み合いますよね。一方メガネ店がお客様で忙しくなると、目の検査-検眼と呼ばれるメガネの度数を決定する検査が混み合います

 

検査は機器を使います。店員が付きっきりで検査をする必要があります。完全に1対1になります。そして度数の検査は

 

・標準で15分以上を要する

・検査をする機器の台数が多くない(コストと設置面積確保の問題)

 

のです。

 

お客様がメガネのフレームを選び終えても検査をしなければメガネを販売することができません。(眼科の処方箋持参は販売できます)

 

よって混んでいるときは、メガネの度数の検査待ちのお客様で溢れてしまうのです。

 

検査時間を急かされる

検査待ちでお客様が溢れてくると、お客様をお待たせするのを避けるために店長は検査を急ぐように指示をします

 

度数の検査を急がせます。たくさんのお客様をできる限り早く検査できるようにします。気持ちよくお買い物をしてもらいたいという思いと共に優先されることがあります。

 

売上のため

f:id:utusyufu:20180815182932j:plain

度数の検査のために待ち時間が長くなると、お客様はイライラして買うのを止めてしまいます。帰ってしまうのです。

 

良く見え合うメガネ作りが使命ですが、売上あってのお店です。店長をはじめ社員は売上の事を常日頃から言われています。明らかに売上至上主義のメガネ店もあります。

 

売上を獲得するため、買おうとしているお客様を目の前で逃す訳にはいきません。元からない売上よりも逃した売上の方が痛みが増します。

 

おひとり様の検査に時間をかけて他の大勢のお客様を逃すと売上が少なくなります。だから多くのお客様を短時間に検査をしようとするのです

 

検査が雑になる

 短時間で大人数の検査を済ませようとする結果、検査が雑になりあなたに合ったメガネが出来上がりません。

 

検査は正確に丁寧に行うと15分以上はかかります。20分が標準的です。

 

急いでいるときは10分未満で検査を済ませようとするのです。時間を短縮するとあなたに合ったメガネができる可能性がとても低くなります

 

良く見えなかったり、目がつかれやすかったり、目の奥が痛くなったりしてしまいます。

 

無料交換前提検査

店側は 酷いときは、検査がとても雑になり適当になってしまいます。最悪の場合、超速で検査を済ませて買って頂いて、出来上がってから使って頂きます。

 

その後に不満を訴えてくるお客様に対して、無料でレンズを交換します。

 

メガネの度数が目に上手く合わないときは、数か月以内であれば大抵のメガネ店は無料でレンズを交換してくれます。

 

この制度を逆に店側が利用するのです

 

店側は急いで検査したメガネが合わなければ交換すれば良いやという考えです。忙しいときは、もっとも手間と時間がかかる目の検査を省こうとします。一度買って貰えば売上を獲得できますので、後日レンズを無料交換しても仕方ないという考えです。

 

無料交換してもらえるとしても、目に合っていないメガネを一時的にも掛ける事は避けたいものです。

 

暇そうな日時を狙う

f:id:utusyufu:20180815182540j:plain

 そのような接客を受けない為には、メガネ店が暇そうなときに買うと良いです

 

じっくりと目の検査をしもらえます。

 

どうしてもメガネ店が忙しい時にしか行けない方でも、日を作って行くことをお薦めします。メガネは買ったら何年も使用する重要な視力矯正ツールです。時間を作って目に合ったメガネを作ってもらう事は、半日を費やしても価値のあることだと感じます。

 

暇ならじっくり検査

f:id:utusyufu:20180815182726j:plain

 お客様が一人しかいないと、メガネ店員さんはじっくりと検査をしてくれます。

 

急ぐ必要がないからです。店員さんはお客様に接客するのが仕事です。暇よりも接客している方が充実します。一生懸命に目の検査をしてくれるのが普通でしょう。

 

急いでお客様を帰してしまっては、店の暇な時間が増えてしまいます。暇な時間はとても苦痛です。他にもする事はありますが、接客している時間が店員さんにとって充実した時間です。そんな時間は大切にします。

 

忙しい時間は除いて…

 

お互いにメリット多い

メガネ店の暇な時間にメガネを買いに行くと、お互いにメリットがあります。あなたはじっくりと接客をしてもらえるし、店側はお客様に満足して頂けるように時間を使って接客ができます。

 

店側はレンズの無料交換の負担もせずに済みます。あなたは目に合ったメガネをスムーズに買うことができます。

 

メガネ店の暇な日時は平日です。

特におすすめの時間は、開店直後の時間帯です。店員さんたちがまだ疲れておらず意識も高い時間帯です。メガネを朝一番で買いに来る方は少ないです。もうひとつ、あなたの目が疲れていないということも大切です。目を酷使した夕方以降などは目の検査結果にバラつきが出てしまう場合があります。朝の元気な目を検査してもらった方が良いメガネが出来上がります。

 

午後も空いていますが店員さんたちは昼食後は眠くなり少し集中力が落ちている場合がありますから午前中がおすすめです。

 

まとめ

f:id:utusyufu:20180815182753j:plain

メガネ店はお客様がたくさん来店されると目の検査を簡素化しようとします。理由は来店頂いたお客様全員にお買い上げ頂きたいからです。

 

目の検査に時間がかかりすぎると、待ちくたびれたお客様が買わずに帰ってしまいます。店側は帰られてしまうのを避けるために、目の検査時間を大幅短縮します。従来の検査時間を半分以下にして、お買い上げ頂けるお客様をできるだけ増やそうとします。

 

その結果、とても忙しそうなときに作ったメガネはあなたに合っていない可能性が高くなります。良く見えなかったり目が痛くなったり頭痛がする場合もあります。

 

そのような事を避けるために、メガネを作るときはメガネ店が暇そうなときに行って下さい。お客様をお待たせする事がないので、じっくり正確に丁寧に目の検査をしてもらえます。店員さんは暇な時間よりも接客をする時間を好みます。急ぐ必要がないなら一生懸命に目の検査をしてくれます。

 

今回は視力検査編でした。

違う視点からフレーム選び編もあります。今後のメガネ購入の参考にして下さい。

www.utusyufu.com