うつびょうのヒビ

うつ病の過去と現在と未来について

【白内障】40歳代(男性)の私が白内障手術をした個人の体験談と感想 ※知ってほしい意外な注意点あり

 40歳代の私が白内障手術をした体験と感想を書きます。まさかの40歳代で白内障手術。白内障だとお医者さんから告げられた時はとてもショックでした。けれど今はとても満足しています。見えるようになって生活しやすくなりました。

 

f:id:utusyufu:20181029210633j:plain

 

白内障手術の理由

以前から強めの近視で常にメガネを掛けています。

 

約二年前にメガネをかけても右目だけがぼやけて見えづらい事に気づきました。メガネを新しく買っても見えづらく、眼科で診てもらうと白内障っぽいですがまだ大丈夫ですと言われていました。しかしいよいよ右目がかなり見えづらくなり眼科に行くと「白内障が進んでいるから白内障手術をした方が良い」と言われました。右目だけです。

 

しばらくは迷いました。

白内障手術なんて歳をとったみたいで抵抗があるし、手術は怖い。

 

しかし生活をしていると、右目だけがぼやけるためとても不便です。焦点が合わなくてとても気持ちが悪くなることもありました。いよいよ車の運転に支障が出てきて日常生活が難しくなってきたので白内障手術をすることを決断しました。

 

眼科選び

白内障になる前は特に目の病気はありませんでした。メガネを作るときと定期検査程度で眼科にいっていました。用事のついでに予約なしで受診できる博多駅の近くの有名な眼科に行っていました。そこを受診したときに白内障手術を勧められました。

 

その眼科は非常に評判で腕もよく九州でも有名な眼科です。

 

しかし、私の住む場所からその有名な眼科までは電車で30分以上かかります。白内障手術をするには遠すぎると自分で判断しました。日帰り手術後の帰り道やその後の通院を考えると近所の眼科の方が良いと思いました。実際に手術後は何度も通院しなければならないので近い方が楽です。

 

近所の眼科に決めました。

お世話になった眼科に決めた理由は

 

その場所でそこの先生が白内障手術をしている

 

いつも患者さんがいて忙しそう

 

できる限りの知り合いに聞いてみて評判が良さそう

 

だったからです。

 

手術までの期間

近所の眼科で診てもらい白内障手術をして頂けるようになりました。手術の予約がたくさん入っていて手術は約一ヶ月後に予約となりました。超人気がある眼科は二~三か月以上予約で埋まっていることもあるようです。

 

白内障手術の二日前に目の最終チェックをして頂き、当日を迎えます。

 

手術当日の詳細

手術予定時間の約二時間前に病院へ到着。

 

ほぼ全裸になって手術着を着せられ緊張が高まります。ベットに横になります。

瞳孔を開く目薬と麻酔の目薬を数十分おきに看護師さんがさしにきます。全身麻酔ではなく、目薬による眼球のみへの麻酔です。血圧を何度も測られ、過度に緊張していないかをチェックされます。

 

何にもすることがないので、恐怖だけが増していきます。

 

いよいよ名前を呼ばれ手術室の前室へ。

イスに座って待機。

待機していると白内障手術直後の患者さんが連れ添われ出てきました。

その日は半日で15名も白内障手術を実施したそうです。

 

いよいよ名前を呼ばれ手術室の中へ。

もう手術か!?と思いましたが、手術室の中でも手前に部屋があってそこで待機。

 

「今、前の患者さんが手術していますから終わったら次に入ります」と言われました。

心臓がドクドクなってド緊張しました

 

とうとう前の患者さんが終わり出ていき、私は連れて行かれました。

 

テレビで見るような手術台に座らされ、顔に顔面マスクを被せられ右目だけあいている状態。特に仕切りはじめもなく

「真っすぐ上を向いていて下さい」

と最初から最後まで何度も何度も言われました。

目に麻酔をしていても、見えてます。

 

先生が何をしているのかはわかりませんが、医療器具が目に迫ってくるのが何度も見えました。目に圧力を何度も感じました。痛くはありませんが、緊張で目ん玉を動かしそうになり必死に堪えていました。

 

体感で手術時間は15分くらいだったと感じます。

終わるとベットに横になり、点滴をうけて安静にしていました。

術後一時間程度安静にして、眼科の送迎で帰宅しました。

 

手術の感想

f:id:utusyufu:20181106210950j:plain

痛くはありませんでしたが、目の中をぐりぐりされる感覚がとてもありました。おそらく水晶体を砕いていたのでしょう。

 

やはり一番怖かったのはその手術がすべて見えてしまうことです

 

まばたきができないように、器具で目を固定されています。涙が乾かないように常に涙液に代わる液体を右目にピュッピュッピュッかけまくるのです。

なので常に水中にいるような見え方なので、はっきりとは見えません。しかし何かが眼前に迫ってきて我が眼球に接するもしくはめり込むのはとてもよく感じます。

 

怖かったです。

 

手術時間は短いですが、

目にメスを入れる

ことは胴体や手足にメスを入れるよりも恐怖がかなり大きかったです。

 

でも白内障手術は比較的とても安全な手術だそうなので、あまり心配はありませんでした。

 

右目に大きな分厚い眼帯をして帰宅しました。

 

術後の過ごし方

白内障手術当日の夜はお風呂禁止。

一週間はアルコール禁止。

二週間は洗髪禁止。

一日に4回朝昼晩寝る前に三種類の目薬を差します。プラス飲み薬一種類を一日三回服用します。

 

白内障手術をした次の日に来院して眼帯は外れました。

しかし、目には違和感が凄くあります。少し手を当てただけでも痛いので気を付けました。

 

過激な運動は禁止で

目を酷使しすぎないように言われました。パソコンやスマホの見過ぎはダメです。目を圧迫してもいけません。寝るときには手術した目を下にして寝ないように注意します。

 

白内障手術をしてから三か月は慎重に様子をみます。

 

白内障手術は目を切開しますが、術後は縫いません切開したままなのです。自然につながるまで時間を要します。よって、白内障手術後の過ごし方が重要になります。

 

白内障手術費用

f:id:utusyufu:20181106214942j:plain

白内障手術の費用は

通常の保険適用の眼内レンズを使用して三割負担で手出しが約45.000円でした。

 

眼内レンズを特別なものにすると完全に自費で何十万もかかるようです。

 

良かった点

f:id:utusyufu:20180903114536j:plain

メガネを何度作り直しても見えなかったのが治りました。メガネを掛けても右目の視力が0.1しかなかったのが白内障手術後にメガネを合わせると1.2まで視力があがりました。

 

世の中が輝かしく見えて超くっきり!テレビや景色がとてもくっきり見えるようになりました。遠くを見るのに関しては不便がなくなりました

 

ここに注意!

f:id:utusyufu:20181106211027j:plain

ここがメインです。

白内障手術をして以外に不便だった事、予想外だったことを述べます。

 

①手術代金以外の費用

f:id:utusyufu:20181106210217j:plain

白内障手術の手出しは私の場合約45.000円でした。

ところが

費用は手術代とは別に

・通院診察代

・メガネ代

がかかります。

 

通院代は手術前の細かい検査と手術後の経過を診てもらうために何度も何度も通院します。手術代金以外で二万円近くかかりました。

 

また、メガネを作り直す必要があります。メガネを掛けない人でも白内障手術をすることによって水晶体がなくなりますからどこかが見えづらくなります。何らかのメガネが必要になります。

 

メガネ一本では不便なこともありますから数本作成すると数万円になります。

 

手術代金45.000円プラス三~六万円かかることになります。

 

②日帰りしても身動きできない

f:id:utusyufu:20181106210845j:plain

白内障手術は、日帰り手術が可能です。日帰りできることは負担が少ないと感じます。しかし実際には当日に家に帰ると問題が出てきます。

 

日帰りしても片目には眼帯をしていて、しかもメガネをかけることができません。眼帯が大きくて盛り上がっているからです。

 

以前から視力が悪い方は、家に帰っても実質何もできません。部屋の中を歩くのさえ一苦労です。しかも片目の状態。じっとしているしかありません。トイレに行くのも一苦労。

 

特に一人暮らしの方には白内障日帰り手術はおススメしません。

 

③ピント調整ができなくなる

白内障手術は水晶体を取り除いて人工のレンズを入れます。よって遠くを見たり近くを見たりするときのピント調整が全くできなくなります。

老眼ではないのに、遠く用のメガネを掛けたままでは近くがかなり見えません。

 

かなりショックでした💦

 

小さい字などを見る場合はメガネを外して見なければなりません。対処方法としては遠近両用メガネを作ることです。そうすれば遠くも近くも見えます。

 

スマホのカメラのように自動ピント合わせができなくなります。遠くは良く見えるようになりますが、近くを見るときは不便になる事があります。

 

まとめ

f:id:utusyufu:20181106211110j:plain

白内障手術が日帰りときくと負担が少なそうな感じがありますがそうではありません。目を手術するのですから片目に眼帯をします、しかも眼帯が邪魔をしてメガネをかけることができません。元々視力が悪い方は日帰りで家に帰っても何もできないどころか、トイレに行くのも一苦労です。見えないからです。家事はできませんしテレビも見えません。事前準備をして下さい。外出できませんし食事の準備もできませんから。

 

白内障手術は水晶体を取り除くので、ピント調節ができなくなります。遠くが見えるメガネをかけたままで近くの小さな文字を見ようとすると、ピントが合わず見えづらいです。

 

あまり遠くが見えなくてもよい方は最初から近くが見えるようにしてもらう事ができます。その代わりに遠くが見えづらくなります。また対処方法として遠近両用メガネを掛けるという方法があります。目がピント調節できない代わりにメガネレンズに助けてもらいます。

 

気を付けたいことが多少ありますが、見え方は驚くほどに改善します。こんなに見えるのかと感動します。手術はちょっぴり怖いですが見える生活が待っています。見え方で不自由を感じているのであれば、眼科を受診して相談して下さい。