うつびょうのヒビ

うつ病の過去と現在と未来について

うつ病を疑ったら心療内科へ 医師に相談する感覚で行きましょう

 

 

 

心療内科と聞くと

敷居がめちゃめちゃ高いですね。

行きたくない場所トップ3にランクインするかもしれません。

 

でも

意味不明の体調不良が続くようなら心療内科へすぐに行って下さい。

 

もしうつ病じゃなかったらと

恥ずかしいからとかは気にしなくて良い!!

 

お医者さんは

簡単にはうつ病と断定しません。

 

もしうつ病だとしたら

うつ病は軽度の方が治りやすいと

言われています。

 

うつ病でなくても

うつ状態なんて、極端な話だれでもなります。

(うつ状態とはうつ病ではないが、うつ病のような症状が出ること)

 

 

こんなとき

家族が亡くなった

・受験に落ちた

・予想もしなかった大きな事件があった

・仕事で大失敗した

・裏切られた

・騙された

落ち込まない方がおかしいです。

何で平気なんだと変人扱いされるかもですね。

 

ただ、その落ち込みから脱出できない人・這い上がれないもしくは這い上がりにくくなっている人、気持ちをパワーアップできない状態の人はうつ状態ではなくうつ病になっているかもしれません。

 

体の痛みや頭が痛い・咳や鼻水がでる等の時は病院に行くのと同じで心療内科を受診してください!

 

心が沈みすぎている場合にはなかなか積極的に病院には行きたくないものです。

病気と自覚できていないから。まだなんとかなるのではと思うから。

 

でもいち早く

一日でも早く行ってほしい!!

 

うつ病の仲間を増やしたいのではない

 

人間は同じことをしていても耐性が違っていて平気な人とそうでない人がいます。

 

他人ができているのに自分ができないことは多々あるのです。他人は我慢できるのに自分は我慢しきれないこともあるんです。

 

あまり深く考えない人もいれば打ち勝つチカラがもともと強い人がいます。

 

だから

自分だけ何で・・・・・

とは思わなくて大丈夫!!!

 

うつ症状かもしれない身体的な痛み頭痛・腹痛・胃痛などは特に早く対策した方が良いです。

 

身体が致命的なダメージを受けて立ち直れなくなる前にどうか心療内科へ。

 

心療内科は

・インターネットで初診予約できるところもあります。ネットで気軽に予約してください。

 

・心療内科に行くときに人の目が気になるならご自宅から少し遠い場所を選んでみてはどうでしょうか?

 

 交通の便が良い都市の心療内科など。都市だと、あなたがどこに行っているのか心療内科に行っているのかは人が多くて紛れて行きやすいというメリットがありますよ。

 

・心療内科の先生は、様々な科(外科、内科など)の中から心療内科(精神科)を選んでお医者さんになっています。だから構えていくことはないですよ。

 

 特に初診は患者さんが異常に緊張して来院するのをよくよく知ってくれています

 最初からガツガツあれこれ聞かれることはありません。他の病院にいくようにあまりいろいろ考えずに受診して構いません。

 

ちょっと気分が落ち込んだだけで遊び半分で話しのネタで心療内科に行く方もいるようですよ。

 

ダメな事ですが

そのくらい気軽に

受診しても良いかもです。

 

歯医者さんと一緒で一度受診してしまうと繰り返し行かないといけないのではと疑問が湧きますか?

 

お医者さんもやっぱり

すぐにもう来なくて良いとは

なかなか言いづらいですね。

何かあったらいけないから。

 

でも、うつ病ではなかたり気に入らなかったらり合わなかったら行くのを止めても良いんだよという気持ちで受診したら良いです。

 

継続して診てもらったほうが絶対に良いですが、一度行ってしまえばずーーーっと行かないとという考えは捨てて

 

まずは勇気を持って行ってみてください!

 

どうしても無理だったら途中で行くのをやめてもいいや!くらいの気持ちで。

 

絶対にもうこの心療内科に通い続けないといけないなんて考えは不要ですよ。

 

あとの事は考えなくて良い!

行ってみる。

 

行ってみて悪いことは起きないです。あなたにとって良いことがおきる可能性が大きいです。

 

こんなに行ってほしいと言っているのは

早期に治療した方が良いから。酷くなったらもどれないから。最悪、自殺までするから

 

どこに行くか調べる

そして予約する

 

この2つをまずは実行してください。それから後のことはそのあとにぼちぼち考えれば良いです。

f:id:utusyufu:20180425211430j:plain