うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。うつ病を深く正しく知るためのブログ。

おねしょとおもらし問題-小学4年生の娘がまだおねしょをする

小学4年生の娘は

未だにおねしょをします。

 

おむつを履いて寝ています。

(安めのおむつ💦)

 

 

以前は学校でおもらしをしていた

小学3年生までくらいは日中におもらしをしていました。

 

小学校で授業中におもらしをしていました。

 

生まれてからずっとおもらしが治らず夫婦でとても悩みました。

 

何故ならおもらしをするだけの問題ではなかったからです。

 

おもらしをしたことを本人が全く気付かないのです。

 

おもらしをしたことを感じない、わからない。

 

だから、周りのお友達から「臭~~」と言われてやっと気づくのです。

 

臭いと言われたら本人はすごく傷つきます。余計に内向的な性格になってしまいました。

 

私たち夫婦がおもらししていない!?と言っても「ん~!?」と言ってよくわからないようです。手で触ってみて初めて気づくのです。

 

どうやらわざと気づかないようにしているのではなさそうでした。

 

怒られるから言わないとならないように怒らないようにしていましたがいつまで経っても自分でおもらしを気づくことはありませんでした。

 

自分で気づかないのはかなりツライ。

 

福岡市の子ども病院に行って精密検査をしてもらいましたが異常なし。

 

おもらしはする子はいますが気づかないのは何故!?

 

濡れているのを気づかせやすいパンツや尿の量を測って原因を調べることもやってみましたが改善なし。

 

やはり自然に治るのを待つしかないのかと途方に暮れていました。

 

いつも替えの下着を持たせても濡らして帰ってくるし担任の先生に多大なご迷惑をかけていました。

 

私たち夫婦の育て方が悪いのか!?なにかストレスを与えているのか!?と自己嫌悪になりました。

 

昼はしなくなった

時が経って小学4年生になってからいつのまにかお昼はおもらししないようになりました!!

 

夜はまだするのですがお昼はもう全くなくなり夫婦で喜びました。

 

本人もとても気にしていたので大喜びでした。

 

わざと気づかないふりをしていた訳ではないのについ厳しく言うことがあったのでとても反省しています。

 

何故お昼にしないようになったのかはわかりません。病院は以後行っていないし何か具体的な事をした訳でもありません。

 

今は夜だけだが・・・

現在は、オネショだけです。お昼が治ったのでオネショはおうちでのことだから悩みは小さくなりました。

 

しかし、小学5年生になると1泊の自然体験教室があります。小学6年生になると修学旅行・・・。

 

夜のおむつの外し方などは

ある程度勉強したつもりですが

試してみても

上手くいきません。

 

これもお昼のおもらしと一緒で

待つしかないのかと考えますが

 

ほったらかしもどうかと思い

夜に声かけなどはしています。

 

単純に最短で解決しようとしないこと

f:id:utusyufu:20170929140809p:plain

悩みや困りごとは最短で解決しようとするくせが出てしまいます。

 

いろんな悩みは

先人たちが通ってきた道です。

 

わたしごとき良い解決方法が

見つかるはずもありません。

 

おもらしとオネショは

この現代においても

ほとんどどうしようもない問題なのです。

 

”トイレでできない”

という事くらい

今の発達した化学や医療で

どうにかならんのかと思ってしまいますが

事には優先順位がありますし

いくら世の中が進んでも

どうにもならない事があります。

 

 わたしはこのことをすぐに忘れてしまいます。だから、雑に解決しようとしてしまいます。ネットでサッと調べて簡単にどうにかしようとします。

 

そんな優しい問題ではないことが多いです。

 

おもらしをする本人は

学校でお友達に言われるのが

相当にイヤだったようです。

 

言い聞かせる

気合で

という風に向き合うと

かえって痛い目に合うところでした。

 

ほったらかしはいけませんが一緒に向き合うことを忘れないようにしていきます。

 

 

お悩みの方がいましたら、

一度大きな病院に連れて行ってみてください。

 

おねしょおもらし問題は

単純に明確な答えがないので

個別に専門的な指導を受けた方が良いです。

 

場合によっては明らかな原因が見つかることがあるようです。

 

原因がとくになければ

あたたかい目で見てあげてほしいです。

子どもが一番不安で困っていますから。

 

急がない急がせないようにしていきます。

 関連記事

 f:id:utusyufu:20171103203743p:plain

www.utusyufu.com