うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。うつ病を深く正しく知るためのブログ。

主夫(主婦)だって働きたい-派遣法改正で選挙のお仕事募集に応募できない!?

わたしはうつ病で会社を退職し

小学生三人を子育て中の専業主夫です。

 

数日前、新聞の折込チラシに

こんな募集を見つけました。

 

 

 

 これは10月22日(の選挙において投票所での案内と開票作業人員急募の見出しです。

 

 

主夫としては目に付きます。

見出しの下の詳細部分を見ていくと

f:id:utusyufu:20171008221343j:plain

となった話。

※選挙制度や政治のお話ではありません。

 

一日だけの好条件!

 

 

①投票に来た人の案内など12.5時間働いて11.500円。

②投票が終わった直後からの開票作業2時間働いて5.000円。

 

一日のみの募集。

普段は働いていないが

この日だと妻が仕事休みで家にいるので子どもの面倒を見ていてくれます。

 

 しかも履歴書不要!

アラフォーおじさんが

職歴に5年以上穴が開いていることを暴露しないで働ける!

 

と思いきや・・・

 

よく見ると応募資格が・・・

 (見えづらくてすみません)

<応募資格>

A.60歳以上

B.昼間学生

C.世帯収入が500万円以上

と書いてあります。

 

f:id:utusyufu:20171008223014j:plain

 

わたしはすべてに当てはまりません。

 (だってアラフォー主夫で世帯年収は約400万円だから💦

 

 派遣法改正により日雇いが原則禁止になり次のいずれかの条件を満たす方は例外で働くことができるようです。

    • (1)60歳以上であること
    • (2)昼間の学生(高校卒業以上、雇用保険の適用を受けない)であること
    • (3)主たる業務の収入額が500万円以上で、単発で副業を希望であること
    • (4)世帯合計年収が500万円以上であり、自身の年間収入の額がその半分未満である、主たる生計者でないこと

     

  •  引用:ランスタッド

 

調べてみると

どうやら日雇いの仕事で生計を立てないようにと派遣法が改正されたそうです

 

日雇いではなくて正式に雇いなさいって事みたいです。

(定期雇用をして常に仕事があるようにしろってことみたい)

 

だから

上記の例外に該当して働く事ができるのはその仕事で生計を立てようとしているのではなく

働くことに意義を求めていたり少し贅沢しようとか生活に潤いを持たせたいという方々なのです

 

この法改正はどうやら主婦(主夫)に対してはマイナスになっているのではないでしょうか。

 

主婦(主夫)は働きたいけど不安だらけ

主婦(主夫)の方々は

仕事したくなくて専業主婦をしているわけではない人も多いのです。

 

働きたいけど積極的になれない不安があるのです。

 

その理由と不安は

 

子どもの事です

 

学校行事や病気になったときに休めないのではと不安です。

子どもは熱が出ると保育園や学童保育所から電話があり

速攻で迎えに行かなくてはなりません。

 

子どもを一番に優先するのは当然ですがその度に仕事を休むのが

申し訳ないし職場で浮いてしまうのではと不安になります。

 

働かせてよ~少しだけで良いから

 この選挙のお仕事などを含めて

一日で終わったり短期バイトのような仕事を積み重ねて生計を立てようなんて気はさらさらないし。

 

一日だけのお手伝いをしてもどうにもなりませんよ。

 

根本的にどうにかしないといけないのはわかっていますよ。

 

でもさ、

本腰入れて働くことに躊躇している主婦(主夫)が

 

一日くらいなら働きたいって気持ちを持っても良いんじゃない!?

 

たまには社会参加への

スイッチオンしたいさ。

f:id:utusyufu:20171011154138p:plain

 

わたしたちにとっても

一日だけ人が要る企業にとっても

どちらにもメリットが大きいのに

それを阻止するって何なんだ!?

 

子どもたちに

梨やサンマやどら焼きを買って上げたいけど買い物時にはとても悩むから

 

5000円で生きていこうとは思わないからさ働かせてよ~

お互い都合が良いんだからさ。

f:id:utusyufu:20171011154626p:plain