うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。うつ病を深く正しく知るためのブログ。

ギャンブル依存症の記事を見るとパチンコ行きたくなるんだが・・・

f:id:utusyufu:20171006110832p:plain

 最近よくギャンブル依存症についてのニュースや記事を見かける。

 

見聞きするたびにパチンコ行きたくなるんだがどうにかならないものか? 

 

<ギャンブル依存症>成人320万人に疑い 厚労省調査(毎日新聞)

厚生労働省は29日、これまでの生涯でギャンブル依存症が疑われる状態になったことがある人は成人の3.6%に当たるとの調査結果を発表した。国勢調査データから推計すると約320万人になる。最近1年間に依存症が疑われる状態だった人は約70万人(0.8%)と推計された。

引用:Yahoo!ニュース

 

若い頃だけでなく数年前までパチンコ・スロットをしていました。

 

それはそれはいくら使ったか計算したくもないしお金も時間も犠牲にしてしまいました。現在はやめているけどギャンブルが生きがいだった頃を思い出してしまい身体がうずうずしてくるんですけど・・・

 

結果的にはギャンブル依存症の人をわざと刺激してませんかね!? 

 

そう感じるのはわたしだけでしょうか。

 ※この記事ではギャンブルをパチンコ・スロットの事として書いています。

 

自分に都合の良いように捉えてしまう

取り上げるのは良いが・・・

テレビのニュースや新聞・ネットニュースで最近よく取り上げられます。

 

ギャンブルを問題視した内容が多いがギャンブル依存症の人たちを刺激するだけではないかと感じています。記事やニュースは読んでもらうために書かれているのは承知していますけど少なからず読む人が多いから度々ニュースになるのでしょうよ。誰が読んでいるか?

 

ギャンブル依存症の人たちが主に読んでいるのではないでしょうか

 

克服したつもりが・・・

現在のわたしがそうです。ギャンブル依存症のニュースに敏感に反応してしまいます。

 

ギャンブル依存症のことを見聞きして自分が感じるのは

  • 320万人もギャンブル依存症が居るんだ!俺だけじゃないんだ!良かった~
  • 一ヶ月の掛け金平均は5.8万円か~、今はそんなに使えないから他の人よりも俺はましかな~
  • 俺は依存症ではないから、行ってないし!!行くとしてもこんな奴らと違うから自分でコントロールして楽しく遊べるから

 

と自分に超好都合な解釈をしてしまうのです

仲間がこんなに居るんだ。同じ苦しみをしている人がたくさんいるから俺だけ止めることなんてできないよね。という思考回路になってしまいます。

 

今のわたしもそういう考えが心の奥底にあります。

 

うずうずしてしまう理由

すぐに行くことができるから

わたしの自宅から5分歩いた場所に町一番の大きなパチンコ店があります。これが最大の罠です

 

誰でもいつでもお金さえ握りしめて行けば簡単に高揚感を得ることができます。

 

昔の記憶がよみがえる

昔大きく勝ったことが忘れられません。勝ったときの最高な気分。俺は無敵ではないかと思いました。

f:id:utusyufu:20171011213459p:plain

スーパーヒーローになって何でもできそう。今ならどんな事でも解決できるし誰にでも勝てる気分。

 

そんな高揚した気分は一生忘れられません。様々な依存症に共通しているのではないでしょうか。

 

時間を調整できる

 

会社に勤めていても夜11時まで開いているので自分で時間を作って行くことができます。パチンコに行こうと思えば誰にも制止されずに慌てずに行くことができるからです。

  

 自分の意志では止められない

 病院で治療という方法も

私はうつ病の治療で心療内科(精神科)に通っています。その病院では積極的にギャンブル依存症の診療を行っています。

 

今は昔と違ってギャンブルがやめられない人も病気という認識

 

診療可能な病院は限られていますが一人で気合でやめようとするよりもかなり良い選択ではないかと思います。

 

やめる事ができた理由は・・・

 私がギャンブルをやめることができたのは自分だけのチカラではありませんでした。周りの人の支えがあったからやめることができました。

 

おそらく一人でやめるのは至難の業です。だって、お金さえあれば誰にも見つからないようにこそ~っと行けますから。

f:id:utusyufu:20171011214822p:plain

バレませんから。「行っていない、やめた」と言い切れば。尾行されれば別ですが。

 

やめる事ができた人は身近にもたくさんいます。

(意外な人がパチンコ店にいてビックリ!なんてことがよくありました)

 

 

 人それぞれやめることができた理由は違いますが自分自身や友人知人を見ていて共通する事がありました

 

日常で夢中になれる事ができた人はギャンブルを止める事ができています。夢中になれるというのは良い意味でもそうでない意味でもです。ギャンブルをしている場合ではなくなった人、ギャンブルよりも楽しいことに打ち込めるようになった人です。ギャンブルどころではないという事も含みます。

 

我慢するだけではダメなんです

 

今回のメインは文句を言いたいだけなんでやめる事ができた理由はまた違う機会に。

 

刺激するのはやめてくれ~~

 ギャンブル依存症は我慢をしてやめることができていても、刺激されるとスイッチが入りそうになる時が多々あります

 

ギャンブルをしてしまうのは

多大な高揚感をもたらす

簡単に行ける

からです。

 

しばらくパチスロには行っていないからこれからも行くつもりはないから

 

もう刺激しないでくれ!!

 

これ以上、最低人間になりたくない。

 

負けるとわかっているのに5万円とか一気に使ってしまう自分が怖い。数百円の買い物には迷うのに一時間に一万円平気で使うパチンコ。

 

 キリがない。無限だ。

 

戻りたくなーーーい。

 

 せめて行き難くしてくれ~!

 

もしくはギャンブル依存症の情報が

私にだけは全く入らないようにしれくれ~!