うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。うつ病を深く正しく知るためのブログ。

サインバルタカプセル20mgを服用している理由-身体の痛み

うつ病で服用している個人の見解です。詳しい薬のデータは他サイトを参考にして下さい。

minacolor.com

 

この薬を服用している理由

サインバルタを5年以上服用しています。サインバルタは意欲ややる気を持ち上げてくれるうつ病の薬です。

サインバルタを服用している理由はうつ病だからですが、もうひとつ大きな理由があります。うつ病になってから身体の痛みがあるからです。

 

うつ病に伴う心因性の身体の痛みがあるからです

身体中が痛いので服用している

原因がうつ病である身体の痛みがあります。胸や足など動いていなくてもズキズキ痛んで普通にしていられない場合があります。

 

血液検査は現在も3か月に一度行っています。尿検査も同様です。ですから、おそらく心因性の痛みではないかと診断されています。痛風ではありません。

 

痛み止めとしての薬の効果は比較的強い方です。効果が実感できます。身体中の痛みがかなり軽くなりました

 

傷みの箇所は人それぞれですが、痛みがひどいので余計に凹んでしまうと思います。うつ病の方で意味がわからない身体の痛みがある方は、サインバルタを知ってほしいです。

 

まずは副作用から。

 

サインバルタの副作用

サインバルタを服用する前は、汗はかかない人でした。サインバルタを飲み始めてから体質が変わったのか!?と思えるほど、すぐに汗をかくようになりました。運動していないのに、焦ったりすると汗がでます。

 

寝汗

布団がビチョビチョになります。汗をかきすぎて身体中が濡れて目を覚ましてしまいます。暑くて汗をかくのではありません。真冬で布団をかぶって寝て、暑くなくても大量の寝汗をかきます。

 

寝汗がすごいのでとても不安になりました。何か他の病気になったのかと。サインバルタの副作用と知ったときはホッとしました。

 

毎日ではありませんが頻繁です。寝汗が大量なので、夜中に起きてしまいます。着替えないといけないので、一度起き上がらないといけません。着替え終わってまた寝落ちするのが難しいときがあります。そこからうまく寝れないときがあるのでルネスタ(睡眠薬)を飲むときがあります。

 

太る

f:id:utusyufu:20171028162829p:plain

デブになってしまいました。(現在は落ち着いています)

 

サインバルタを服用する前は、うつ病で嘔吐が凄かったので身長の割に体重が軽くてやせ細っていました。痩せすぎていたので基本身体が弱くよく風邪を引いてこじらせて長引いていました。

 

ところが、サインバルタを服用し始めるとデブになりました。64㌔が85㌔になりました。

f:id:utusyufu:20171028162222p:plain

わたしの場合は元々が超痩せていたので体重差は参考までに。

サインバルタの副作用であることは間違いなさそうですが、深く考えると

 

副作用で太った

うつ病が改善したから太った

 

と二つ考えられます。

うつ病の症状が少し軽減されると食事をきちんと摂る事ができます。嘔吐も減り体調が良くなって結果的に太っているのかもしれません。

 

しかし、食べる量に対して体重の増加が大きい。サインバルタによる副作用で太っているのでしょう。体重増加が急激だと、身体が重くて動きずらかったです。

 

離脱症状

離脱症状とは、薬の量を減らしていくときもしくはやめるときに出る苦しい嫌な症状です。薬を減らすときの副作用とも言えます。

 

サインバルタを服用することによって様々な副作用が出るのと同様に、減らしたりやめたりするときに脳や身体が「いつものサインバルタが少ないんだけど!」と悲鳴をあげるのです。

 

わたしの場合は「シャンビリ感」といって、手足を中心に電気が走ったようにビリビリしていました。とても気持ちが悪くサインバルタを減らすことを何度も躊躇いました。他にもめまいや頭痛が酷かったです。

 

離脱症状が目に見えて出たので、ほんの少しずつ減らしていきました。現在は止めてはいませんが減らすことができました。

サインバルタが合う人

副作用や離脱症状のデメリットよりも服用するメリットを多く感じるので服用しています。痛みが軽くなり楽になりました。

 

うつ病が中度以上で、うつ病に伴う心因性の身体の痛みが結構強い人には適していると思います。

 

うつ病の方で特に身体に痛みの症状が現れる人に向いています

 

サインバルタの副作用や離脱症状よりも、サインバルタの良い効果を多く感じる事ができる方が多いです。だから服用している方が多いです。日本でも世界的にもとても多くの方が服用しています。

 

身体の痛みがサインバルタで軽くなれば、うつ病の治療にも集中しやすくなります。うつ病の症状は一つでも減らしていきたいものです。

 

身体が痛いと睡眠にも影響してきます。痛くて眠れないとうつ病が余計に悪化してしまいます。だから、身体の痛みを抑える事ができればうつ病の克服に繋がります。

 

 

まとめ

 意欲ややる気を改善して持ち上げる効果があるサインバルタは、うつ病の症状の改善だけでもかなりの評価がある薬です。

 

更にうつ病に伴う身体の痛みが同時にある方には、メリットが大きい可能性があります

 

副作用でよく耳にする「太る」「眠い」「汗」が出る方もいますが、身体の痛みとどちらを優先するかは精神科の先生と相談して下さい。

 

離脱症状が酷い場合もありますが、サインバルタは良い効果が見えやすい薬です。うつ病で身体の痛みがある方は、サインバルタを試してほしいです。

 

うつ病全般と身体の痛みに同時に効果があるので、上手く合えば良い薬と思います。身体の痛みが軽くなれば、うつ病の改善に繋がりやすいです。