うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。深く正しく知ることでうつ病を改善するブログ。 わたしたちは弱いのではない 敏感なだけなんだ。

小学4年生の娘が本来母親に相談すべきことを主夫の私に相談してきた どうしよう?

「パパ~お胸がポチっとなってきたけどどうしたらいい?」

 

 

うつ病主夫は、うつ病で仕事退職して

子育て専業主夫をしています。

 

妻にメインで働いてもらっています。

感謝。感謝。

 

朝早くから夜遅くまで働きに出ていますので、

妻と子どもの会話は

平日は全くありません。

 

妻が休みの時には子どもたちとたくさんお話しをします。

 

だから、普段の生活の中で

子どもたちとは

主夫の私との会話がほとんどになります。

 

先週、小学4年生の娘から

お風呂上りに

娘が服を着ているときに

突然

 

「パパ~お胸が出てきて服にポッチって見えるけどどうする~!?」

と緩~く言われました。

 

おっとっと!

これはすぐに反応できない!

 

頭の中でほんの一瞬の間で

ひといきつく。

 

 過剰に反応するのは良くないと思い、

「どんな風になるかな!?おいで」

と言うと近づいてきて

「ほら~」

と見せてきました。

 

確かに

下着の状態で少しだけよく見ると

わかりますが

その上からTシャツを着させてみると

ほとんどわかりません。

 

可愛いな~!このくらいで気になるのか

女の子だなと

頭をよしよし撫でてしまいました。

 

「Tシャツを着ると全くわからないからまだ気にしなくて

 良いかも、Tシャツを着ても目立つようになったら

 どうにかしないといけないね」

 

とアドバイスすると

 

「わかった~」

 

と言って私の元を去っていきました。

 

 

小学4年生の娘は

こんな相談を

私にすることに全く抵抗がない様子でした。

何でも気にせず話してくれているようで

ほっこりします。

 

普段は一緒にお風呂に入ることがよくありますが

いちいち

娘の胸が大きくなっているのかなんて

見ません。

どこかケガをしていないかとか

肌に異常はないかとかは

見ますけど。

 

抵抗なく

女の子特有の相談事を

私にしてくれる事が

とっても嬉しいです。

 

こっちが変に意識すると

何?何?

と変な雰囲気を感じ取ってしまうもの。

 

妻と話す機会が極端に少ないから

私が子どもの世話はもちろん

お話や相談や悩みも

全部受け止めるしかない!

そうしてくれることがとても嬉しいです。

 

お母さんがいつもいなくて

変だ

寂しいと

思われないように

 

特に娘には

私が母親の代わりをしなければなりません。

 

男のわたしには

娘と今後もスムーズに会話を続けるのは

限界があるかもしれないけど

 

できる限り自然にしていきたいです。

 

いつかはそんな相談もなくなるのかな~。

 

今後もしばらく主夫状態であるならば

 

娘のポッチが更に目立ってきたら

どうしたら良いのか

さすがにわからない・・・

 

妻に聞けば良いが

今どきの対処というか

今どきの昔とは違ったやり方が

下着の種類とか新しくなっているのか

どうかが気になります。

 

そこらへんは

普通は奥様どうしでお話し相談して

通じ合うものがあるはずですが

私は

同じ年代のお母さんたちとは(お友達のお母さま方)

絶対にそういう話しはできません。

そういう話を持ちだすとたぶん

 

好き好んで話している!?

わざと話してセクハラ!?

 

と思われるに違いありません。

 

そう思われなくても

話すなんてできません。

 

ネットで調べるしかないけど

何か気が引ける・・・

 

その時になったら

その時にどうするか考えます!

 

すぐに後ろ向きになるからいけません。

 

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス