うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。うつ病を深く正しく知るためのブログ。

うつ病主夫 子どもたち3人は地元の祭りに行ってしまい一人ぼっちの主夫

一年前までは一緒に行ったのに・・・

 

うつ病主夫は、子育て専業主夫をしています。

今日は、地元の行政区の小さなお祭りです。

今まさにお祭り最中です。

 

子どもたち3人は、お祭りに行ってしまいました。

それぞれのお友達と一緒に(*_*)

 

一年前までは、私が一緒に行かないといけませんでした。

お祭りの場所までが車などの交通が危ないし

ましては一緒にいくお友達がまだいなかったのです。

小学6年生の男の子

小学4年生の女の子

小学2年生の男の子

ですので、まだ2年生は危ないかな?と思っていたのですが

お友達と行く!というので

4年生のお姉ちゃんと同行するなら良いと言って

子どもたちは全員、自分たちで行ってしまいました。

 

寂しい💦💦💦

 

お祭りに一緒に連れて行かないといけないときは

心の中で面倒だな~なんて思っていましたが

いざついて行かなくても良いとなると

何か、子どもたちに頼りにされないのが

無性に寂しくなってきました

なんて勝手な主夫だまったく・・・

 

お祭り特別お小遣いを与えていますから、

夕ご飯は各自

焼きそばやたこ焼きなどを買って食べていることでしょう。

 

楽しいでしょうね、親がいなくて自由にできるのは・・・

 

夜9時まであるので、帰りはさすがに

迎えにいかなくてはなりません。

 

これからの子育ては、親はくっつきすぎず

離れすぎずうまく距離を取っていかないといけないのかなと

思っています。

そうしないと、自立心を育てる事ができないですもんね。

 

親が少しずつ遠くから見守るようにシフトしないと

困るのは、本人たちですよね。

 

それはわかっているのですが

ついついすぐに怒ってしまったりして

関わってしまうのですよね。

 

でも、地元のお祭りとはいえ、

それぞれで楽しんでいると思うと

ほんとに嬉しい限りです。

心配なのが9割ですけど・・・。