うつ病主夫の闇

  うつ病 主夫 子育て

うつ病主夫 福岡県糸島市の白糸の滝に行ってきた これから行く人への注意点と共に

糸島市の白糸の滝 感想と注意点

 

先日 8月10日(木)に

福岡県糸島市の白糸の滝に行ってきました。

 

前日の天気予報を覆して

見事に晴れてくれました。

 

午前10時30分頃に着いたので

駐車待ちの長い長い渋滞もなく、

スムーズに駐車できました。(駐車無料)

 

んん??

 

暑い・・・

 

滝に近づけば涼しいのかな

あの特有の涼しくて

ゾワっとする感じが味わえるかな~

 

んんん???

 

避暑のために皆さま来るのに

今夏は滝の近くもあまり涼しくない。

今年はマジで暑いのだと実感。

 

でも癒される

 

さすがに足だけ入水してみると

超冷たい!!

 

そして子どもたちの水遊び。

 

ここでかなりの時間が過ぎていきます。

声を掛けないといつまで続くのやらという感じです。

 

そしてそうめん流し

 

子どもたちがはしゃぐはしゃぐ。

 

すぐにソフトクリームを食べて

景色を眺めました。

あそこはどこかなあれはなにかなと

意外と結構食いついていました。

(画像奥が糸島市で海まで見えます)

大まかな地図と案内が提示されています。

 

木漏れ日が一番印象的でした。

 

帰りに福岡市西区今宿にあるぶどうやさんで

ちょっと高級のぶどうを買って帰りました。

 

滞在時間は2時間半くらい

食したのは流しソーメンとおにぎりとソフトクリーム。

食べている時間以外は、ほぼ子どもたちの水遊びでした。

 

夏は一度は訪れたい場所です。

子どもも大人も楽しめます。

手軽に自然を楽しめます。

 

子連れ家族が最も多くて

次に若いカップルやグループが多かったですよ。

 

◆これから行く人へ注意点◆

福岡県糸島市の白糸の滝へ行く時の注意点を書きます

 

道が狭すぎるので運転に自信のない方は避けた方がよい

 

 ほぼ、山の頂上にあります。

そのため、道はクネクネ

幅は狭く離合(狭い道で対向車とすれ違うこと)が

困難です。

道幅によっては、すれ違うことができない為

どちらかの車がかなりバックしなければなりません。

バックするとなると、下手したら数十メートルバック!

ガードレールないので、木々の中に車ごとそのまま消えてしまいそうに

なります。

どうぞお気を付け下さい。

 

②お子様連れの方は着替えを持っていく

 

滝から少しだけ下ったところに水遊びできるところがあります。

足が浸かるくらいの場所です。

ちょっと足をつけてみようかな・・・

に始まり、最後には全身ビショ濡れパターンの

お子様をいつも見かけます。

お子様は加減を知りません。

だから、水着完備体制で臨むか

着替えを持っていくことをおすすめします。

(大人の方も足くらいはつけても大丈夫にしておくと

お子様が喜びます)

③ヤマメ釣りは・・・

 

釣り竿を借りて(レンタル有料 1本〇〇〇〇円です)

餌をもらい

ヤマメがたくさんいる滝の少し下流で

釣りができます。

 

あまり詳しく書きませんが・・・

この日もたくさんの方が

隣同士隙間のないほど

ヤマメ釣りをされていました。

 

これ、私の主観ですがあまり釣れない・・・

 

ヤマメが頭が良くなっているのか

釣り竿が多すぎるのか

釣れているのを目撃するのは稀です。

 

釣れなくても数匹貰えますが

釣れなさ過ぎて・・・

超暑い中、時間をかけてみるが

全く釣れないとボヤいている方が多数・・・

釣れないと子どもの顔が暗くなっていく

 

これ以上言いません!ヤマメは以上です!!

 

④ゆっくりくつろげる場所が少ないので椅子持参した方が良い

 

自由に座ることのできる場所が少ないです。

茶屋や長椅子など

数か所はあるのですが

子どもの水遊びの場所にはなにもありません。

ここがポイントでじっと見守っていなければならないけど

座る場所が自然の岩しかありません。

ここで、アウトドアの運動会なんかに使うイスを持っていくと

超ラク!

子どもに「もう早く帰るよ!」と当たり散らして

イライラせずに済みます。

 

最後に

糸島市外からのドライブには良いと思います。

子どもが体を動かすことができ

自然に触れ合うことができます。

お友達と気軽に行ってもとても良い場所です。