うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。深く正しく知ることでうつ病を改善するブログ。 わたしたちは弱いのではない 敏感なだけなんだ。

うつ病主夫 小学生女児にあいさつができない おじさんを見たら不審者と思えという教育に頭が痛い・・・

小学生女児にとってうつ病主夫は不審者なのか!?

 

うつ病主夫は、働いていないので

主に子どもの世話と家事をしています。

 

だから、自然と昼間に近所に姿を現すことが

普通のお父さんよりもすごく多くなります。

 

買い物や習い事の送り迎え、一緒に外で遊んだり

散歩したり。

 

平日に会社がお休みのお父さんたちも多いと思いますが、

平日の昼間にアラフォーおじさんがウロウロしていると

不審者ではないかと疑われます。

Suspicious

特に、小学生などの小さな女の子には

こちらも注意しなければなりません。

 

普通にすれ違いざまに

「こんにちは」とあいさつすると

高確率であいさつを返してくれません(*_*)

 

私の見た目が怖いのかもしれませんが(*_*)

 

男の子よりも女の子の方が

あいさつしてくれない事がとても多いのです。

 

それは何故かと言うと

小学校で知らないおじさんとはむやみに話さない!!!

と何度も教育されている様なのです。

 

どうやら、知っているおじさんでも

そういう対応をするように教えられているようです。

 

理由は、知っているおじさんが女児を・・・という

凶悪な事件が全国で多発しているからでしょうね。

 

知っているから安心だと思わせといて・・・・

という犯罪手口が増えてきているようです。

 

だから、超近所の女の子にあいさつするのも

話しかけるのも、すごく躊躇します。

 

躊躇し過ぎて

増して怪しいおじさんに見えるかもしれません(*_*)

 

完全に無視する子も多いですよ、

私は服装や見た目は

家にいるおじさんだからと余計に気を使っているつもり

なのですが・・・

それでも目も合わせてくれません。

 

挨拶や相手にしてもらわなくても

寂しくはありませんが(*_*)

女の子たちは、

・いつ

・どこで

・誰と

・どういうときだったら

話して良いのか

判断に困っているではと思います。

 

小学4年生の娘は、私と一緒に外にいるときは

ちゃんとあいさつをするのですが、

子どもたちだけのときは一人のときは

あまりあいさつはしないそうです。

よくわからない模様。

 

うつ病主夫が平日昼間に毎日うろついていることは

近所でも目についていることでしょう。

 

外では、なるべく陰気に見えない様に気を付けているつもりです。

それでも、普通の家庭とは違いますから

言動や行動には人一倍気を付けないと

きっといつか

不審者110番されそうです。

 

もし110番されても

きれいさっぱり何も後ろめたいことはしてませんよと

言える毎日を過ごさなければなりません。

 

女児にそっちの興味は全くないのですが、

今後微塵も怪しまれないようにするためには

もういっその事、女の子にはあいさつしない方が

良いのかと悩んでいるこの頃であります。