うつ病主夫の闇

 現役うつ病患者。深く正しく知ることでうつ病を改善するブログ。 わたしたちは弱いのではない 敏感なだけなんだ。

私を余計に悩ますことになる1通の封書が先日届いた ありがたいのだが・・・

先日1通の封書が届いた

 

郵便は、届くと嬉しいものや悲しいものがありますね。

この封書は、主夫の私に大きな複雑な悩みをを与えました。

それがこちら

 

んんん??

これだけだとよくわかりませんよね。

表は私宛の住所と氏名だけ。

裏は画像の通り。

 

何かわかんないけど、まー開けてみるかってことで

中はこれだった

!!!!!

主夫やめて働けってか!

というかこれ、何故わたくしが障害者って知っているんだと

思いましたが、すぐに心当たりが・・・

数年前に

このままではいけないと

障害者を雇って頂ける企業様はないものかと

検索して閲覧しまくっていた時期がありました、

そしてとりあえず何か登録した覚えがあるようなないような・・・

 

この企業様はとても良い行いをされていると思いますし

もしかすると数年後にお世話になるかもしれませんが、

今は主夫に専念しているので

頭の中がこんがらがってしまいました。

やはり、働いていないというのは

心のどこかでまだ罪悪感がすごく残っています。

障害者が働いていることを紹介するテレビやネットを見るとすぐに避けてしまいます。

 

今は、妻が大黒柱になっていて

私が家事をしているので

とりあえずはしばらくはこの状態で行こうと思っていますが

かなり金銭面で厳しくなってきました。

貯金があと数年で底をつきそうなのです。

子ども3人いるので、妻1人の収入では足りず

貯金を崩している状態です。

あと数年後はどうするんだと

いつも就寝前に考えて考えて考えてしまいます。

グルグル考えが巡ってしまいます。

この封書で余計に考えてしまい・・・

最近は睡眠薬が増えてしまいまいした。

今の自分を認めることができないのです。

 

でも・・・

この刺激はたまには必要かなと思っています。

子どもはいつか手がかからなくなりますから

ずーーーっと主夫という訳にはいきません。

いつかはうつ完治して仕事と家事を両立できる日を

前向きに考えることができるようになりたいです。

その時はこの封書の企業さんにお世話になりまーーす!